2016年10月17日

猫がトイレの後に砂をかけるわけ


猫はトイレで用を足した後に、便や尿に砂をかけて隠すという習性が見受けられます。この行為も誰が教えたわけでもないのに、猫が行う習性のようですね。この行為を行う理由について、明確には解っていないそうですが、全ての猫が本能的に行うことから考えれば、野生で生きていくのに不可欠なことであったは間違いありません。

砂かけ動作については、有力な説が2つあるんです。その一つは、獲物ににおいで気づかれないようにする為ではないかと考えられているようです。猫は狩りをする動物ですので、自分の存在を小動物などに気付かれるのを嫌い、便や尿を隠すようになったのではないかと考えられます。もう一つの理由は、縄張り意識です。猫は、排泄物により縄張りを主張することがあります。その為、沢山猫が生息している環境で、排泄物を放置しておくと争いが勃発する可能性があり、縄張りの主張に関係のない排泄物は、砂をかけて隠すという習性が身についたのだろうと考えられているとのことです。その根拠として、猫グループのボス猫だけは、便や尿を砂で隠さないのだそうです。

>>猫 大好き




同じカテゴリー(日記)の記事
 腐らないメロン (2014-07-11 07:00)
 チョコレートコーティングのアイスバー (2013-12-11 06:33)
 着こなしのうまい人と下手な人 (2013-12-04 22:06)
 シティホテルと高級ビジネスホテル (2013-12-03 06:58)
 野菜ジュースって本当に体にいいのか (2013-11-28 14:22)
 年齢肌が気になりだしたら・・・ (2013-11-25 07:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
猫がトイレの後に砂をかけるわけ
    コメント(0)